SKU: DVD2870

  • ビデオ
  • NTSC Widescreen
  • オーディオ
  • 日本語
  • 字幕
  • 英語 , 中国語 , マレー語
  • ディスク
  • DVD ディスク
  • 地域コード
  • 地域コード All

  • 商品名 : めぞん一刻
  • 再生時間: 前後 107分
  • 発売日 : 2007年07月14日
  • ディスク枚数 : 1 枚
  • 重量 : 150(g)

  • 俳優
  • 伊東美咲 , 中林大樹 , 沢村一樹 , 榮倉奈々
  • ストーリー紹介
  • 時計坂という町にある古いアパート「一刻館」にある日、音無響子(伊東美咲)という女性が管理人としてやって来る。このアパートの住人で浪人生の五代裕作(中林大樹)は、彼女の美しさにたちまち一目惚れ。そのほかの住人である一の瀬(岸本加世子)や朱美(高橋由美子)、そして四谷(岸部一徳)といった超個性的な面々のちょっかいにもくじけず、どうにかその思いを彼女に伝えようとするのだが、受験勉強との板ばさみで苦悩する日々が続く。

    そんなある日、一人の老紳士(細川俊之)が一刻館を訪ねて来る。彼が響子の義理の父であり、彼女が未亡人であることを知った五代は大いに動揺する。 「もう一生分の恋をしてしまいましたから」と言う響子に五代は何も言えない。だが後日、友人の坂本(橋爪遼)と飲みに行った五代は、酔った勢いで近所迷惑も省みず「響子さん好きじゃぁぁぁ!」と絶叫。さらに響子を抱きかかえたまま布団に押し倒し、そのまま自分だけ眠り込んでしまう。おまけに翌日、自分がしたことをまったく覚えておらず、響子から平手打ちをくらう始末。クリスマスにせっかく買ったプレゼントも渡せないまま、二人の距離も微妙なまま…。

    大晦日。他の住人たちが帰省してしまい、響子と二人っきりになった五代は勉強そっちのけで朝からそわそわ。しかし結局、何も起こらず二人はコタツで新しい年を迎え、お参りに出かける。 「もし、僕が合格したら…もう恋はしないなんて言わないで下さい。その相手が僕じゃなくてもいいんです」。五代のその言葉に、響子は黙って小さくうなずく。

    年が明け、気合いの入る五代だったが、案の定受験は連戦連敗。最後の望みを賭けた合格発表の日。響子をはじめ一刻館の連中や、孫が心配で駆けつけた祖母・ゆかり(菅井きん)たちが見守る中、自分の受験番号を探す五代。「………あった」。ホッと肩をなで下ろす一同。こうして五代はどうにか無事、大学に合格したのであった。

    新しい生活もスタートし、五代はバイト先の可愛い女の子、こずえ(榮倉奈々)に見送られ配達へと出かける。しかし、偶然通りかかったテニスコートで見るからに爽やかなコーチ・三鷹(沢村一樹)のレッスンを受け楽しそうな響子を目撃してしまい、言葉を失う。どうやら五代の苦悩はまだまだ続くようである…。

  • ストーリー紹介
  • 時計坂という町にある古いアパート「一刻館」にある日、音無響子(伊東美咲)という女性が管理人としてやって来る。このアパートの住人で浪人生の五代裕作(中林大樹)は、彼女の美しさにたちまち一目惚れ。そのほかの住人である一の瀬(岸本加世子)や朱美(高橋由美子)、そして四谷(岸部一徳)といった超個性的な面々のちょっかいにもくじけず、どうにかその思いを彼女に伝えようとするのだが、受験勉強との板ばさみで苦悩する日々が続く。

    そんなある日、一人の老紳士(細川俊之)が一刻館を訪ねて来る。彼が響子の義理の父であり、彼女が未亡人であることを知った五代は大いに動揺する。 「もう一生分の恋をしてしまいましたから」と言う響子に五代は何も言えない。だが後日、友人の坂本(橋爪遼)と飲みに行った五代は、酔った勢いで近所迷惑も省みず「響子さん好きじゃぁぁぁ!」と絶叫。さらに響子を抱きかかえたまま布団に押し倒し、そのまま自分だけ眠り込んでしまう。おまけに翌日、自分がしたことをまったく覚えておらず、響子から平手打ちをくらう始末。クリスマスにせっかく買ったプレゼントも渡せないまま、二人の距離も微妙なまま…。

    大晦日。他の住人たちが帰省してしまい、響子と二人っきりになった五代は勉強そっちのけで朝からそわそわ。しかし結局、何も起こらず二人はコタツで新しい年を迎え、お参りに出かける。 「もし、僕が合格したら…もう恋はしないなんて言わないで下さい。その相手が僕じゃなくてもいいんです」。五代のその言葉に、響子は黙って小さくうなずく。

    年が明け、気合いの入る五代だったが、案の定受験は連戦連敗。最後の望みを賭けた合格発表の日。響子をはじめ一刻館の連中や、孫が心配で駆けつけた祖母・ゆかり(菅井きん)たちが見守る中、自分の受験番号を探す五代。「………あった」。ホッと肩をなで下ろす一同。こうして五代はどうにか無事、大学に合格したのであった。

    新しい生活もスタートし、五代はバイト先の可愛い女の子、こずえ(榮倉奈々)に見送られ配達へと出かける。しかし、偶然通りかかったテニスコートで見るからに爽やかなコーチ・三鷹(沢村一樹)のレッスンを受け楽しそうな響子を目撃してしまい、言葉を失う。どうやら五代の苦悩はまだまだ続くようである…。