池袋ウエストゲートパーク

「日本TVドラマ」
池袋ウエストゲートパーク (DVD) 日本TVドラマ
  • 池袋ウエストゲートパーク image 1
  • 池袋ウエストゲートパーク image 2
JPY ¥2,175.98

JPY ¥1,958.10

カートに追加

池袋ウエストゲートパーク

池袋ウエストゲートパーク

  • ビデオ
  • NTSC Fullscreen
  • オーディオ
  • 日本語
  • 字幕
  • 英語 , 中国語 , マレー語
  • ディスク
  • DVD ディスク
  • 地域コード
  • 地域コード All
JPY ¥2,175.98   JPY ¥1,958.10    カートに追加

  • 商品名 : 池袋ウエストゲートパーク
  • 再生時間: 前後 550分
  • テレビ / 映画制作 : 日本ese TBS
  • 生産/放送日 : 2000年
  • 発売日 : 2007年10月04日
  • ディスク枚数 : 3 枚
  • 重量 : 230(g)

  • 俳優
  • 長瀬智也 , 加藤あい , 窪塚洋介 , 佐藤隆太 , 山下智久 , 坂口憲二
  • ストーリー紹介
  • 2003年、真島マコト(長瀬智也)が一掃した池袋のカラーギャングの抗争から3年が経とうとしている。マコトは、「真島フルーツ」の立ち退きを迫られ、軽トラックで果物の移動販売をしていた。母リツコ(森下愛子)は、喫茶店と果物屋のくっついた店を始めようと物件探しをしていた。ブクロのトラブルシューターであるマコトの日常も平和なもので、物足りなさを感じつつも、俺ももう歳だなあと寂しさを感じていた。

    安藤タカシ(窪塚洋介)は既にGボーイズのキングの座を降りて、「王様ラーメン」というラーメン屋を経営。が、マコトが構ってくれないのでブクロを脱出し、究極のダシを求めて世界を放浪中だ。急成長を続ける「王様ラーメン」に対抗し、東口には尾崎京一(西島千博)率いるブラックエンジェルズの「バレエラーメン」がオープンし、池袋ラーメン戦争が激化している。斎藤サル(妻夫木聡)は羽沢組の若手ホープとして頭角を表し、1歳になる子供の世話をしながら立派なヤクザとして西口一帯を仕切っている。渋沢ヒカル(加藤あい)は、二重人格障害で施設に入っていたが、病院で書いていたマコトたちを題材とした小説が大ヒットしベストセラー作家に。ドーベルマン山井(坂口憲二)は、仲間3人を殺害し、現在は刑務所に入っている。マサ(佐藤隆太)は相変わらずマコトとつるんでいた。

    マコトは、マサに誘われて、今池袋で最も勢いのあるバンド・雷図(RIZE)のライブに顔を出す。そこでマコトは、生まれて初めて聴く音に衝撃を受ける。もの凄いスピードで届くその音の虜になった観客は次々と失神していった。

    ある日、一人のホームレスがマコトのもとを訪れる。西口公園で連続発生しているホームレスが襲撃され骨を折られる事件の犯人を捕まえてほしいというのだ。めんどくさいことに関わりたくないマコトは断ろうとするが、徐々に事件に巻き込まれ、ビニールハウスで暮らし始めることに。

    マコトとマサはボーリング場で、雷図のメンバーとサウンドディレクターのスライ(岡本健一)に遭遇。マコトがホームレス襲撃事件の話をすると、スライは快く協力を申し出る。マコトは、雷図のライブで聴いたあの音が忘れられず、スライに接近する。

  • ストーリー紹介
  • 2003年、真島マコト(長瀬智也)が一掃した池袋のカラーギャングの抗争から3年が経とうとしている。マコトは、「真島フルーツ」の立ち退きを迫られ、軽トラックで果物の移動販売をしていた。母リツコ(森下愛子)は、喫茶店と果物屋のくっついた店を始めようと物件探しをしていた。ブクロのトラブルシューターであるマコトの日常も平和なもので、物足りなさを感じつつも、俺ももう歳だなあと寂しさを感じていた。

    安藤タカシ(窪塚洋介)は既にGボーイズのキングの座を降りて、「王様ラーメン」というラーメン屋を経営。が、マコトが構ってくれないのでブクロを脱出し、究極のダシを求めて世界を放浪中だ。急成長を続ける「王様ラーメン」に対抗し、東口には尾崎京一(西島千博)率いるブラックエンジェルズの「バレエラーメン」がオープンし、池袋ラーメン戦争が激化している。斎藤サル(妻夫木聡)は羽沢組の若手ホープとして頭角を表し、1歳になる子供の世話をしながら立派なヤクザとして西口一帯を仕切っている。渋沢ヒカル(加藤あい)は、二重人格障害で施設に入っていたが、病院で書いていたマコトたちを題材とした小説が大ヒットしベストセラー作家に。ドーベルマン山井(坂口憲二)は、仲間3人を殺害し、現在は刑務所に入っている。マサ(佐藤隆太)は相変わらずマコトとつるんでいた。

    マコトは、マサに誘われて、今池袋で最も勢いのあるバンド・雷図(RIZE)のライブに顔を出す。そこでマコトは、生まれて初めて聴く音に衝撃を受ける。もの凄いスピードで届くその音の虜になった観客は次々と失神していった。

    ある日、一人のホームレスがマコトのもとを訪れる。西口公園で連続発生しているホームレスが襲撃され骨を折られる事件の犯人を捕まえてほしいというのだ。めんどくさいことに関わりたくないマコトは断ろうとするが、徐々に事件に巻き込まれ、ビニールハウスで暮らし始めることに。

    マコトとマサはボーリング場で、雷図のメンバーとサウンドディレクターのスライ(岡本健一)に遭遇。マコトがホームレス襲撃事件の話をすると、スライは快く協力を申し出る。マコトは、雷図のライブで聴いたあの音が忘れられず、スライに接近する。